古瀬空調株式会社

よくあるエアコンのトラブル

エアコンの冷風(温風)が出てこない。

症状にもよりますが室外機の基盤の異常による部品交換などがありえます。

エアコンを動かすと異音がする。

室内機を洗浄されていない場合、劣化によるモーター交換などが想定されます。

エアコンから異臭がする。

エアコンが汚れている可能性が高いため、まずはクリーニングをおすすめします。クリーニング後も臭いが消えない場合機械の故障が考えられます。

エアコンから水漏れする。

室内機を洗浄していない場合、ドレンパン内にスライムが発生して目詰まりによって排水がされない状態になっている可能性があります。ドレンポンプの異常によって排水機能をしていない可能性があります。その場合、部品交換になります。

エアコンがしばらくすると停止してしまう。

室内機、室外機の点検が必要です。

上記に1つでも当てはまれば、大がかりな修繕や取替えなどになる前に、早めのお問い合わせをオススメいたします!エアコンの修理には高い技術と専門的な知識が必要ですので、実績・経験豊富な古瀬空調にぜひご相談ください。

古瀬空調のエアコン修理

フットワークを軽くスピーディー対応

業務用エアコンが故障して使用できないという状態は、サービス業ならばもちろんのこと、オフィスでも緊急を要することです。
当社では、お問い合わせをいただいてから、できる限り早い対応を心がけております。
当社の業務エリアは東京都、神奈川県、埼玉県です。そのほか近郊エリアの場合もお問い合わせください。

業務用エアコンを知り尽くした完璧修理

業務用エアコンの故障部位ナンバー1は、温度を検知するサミスターと呼ばれる部分。ナンバー2は制御基盤です。
このような経験に培われた知識を踏まえ、故障に即座に対応できるよう、各メーカーの部品を取りそろえております。
故障したときは、業務用エアコンの操作パネルやリモコンに表示される「異常コード」をお知らせいただくと、事前に故障カ所の把握をでき、よりスピーディーな対応が可能です。